Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007 千歳JAL国際マラソン完走記 1

今回の目標は、後半失速せずに完走することでした。5キロごとの手動計測タイムは前々回の記事で書いたのですが、今回はGTメールのタイムと昨年の完走記録のタイムをまず比較してみます。


     今年のタイム     昨年のタイム


10km  52:45 (52:45)     49:43 (49:43)


20km  1:45:19 (52:34)   1:41:34 (51:51)


30km  2:35:52 (50:33)   2:32:57 (51:23)


40km  3:27:50 (51:58)   3:27:52 (54:55)


GOAL  3:38:22 (10:32)   3:40:01 (12:09)


昨年のタイムと比較すると、目標はクリアーすることができました。しかし、まだまだ課題は多いです。ここで大会を振り返ってみたいと思います。


去年の千歳はあまり走りこめないまま臨みました。結果は、後半失速気味になりましたが、まさかの3時間40分で、北海道マラソン完走への希望が沸きました。 そして、今年は腰痛で全然走れなくて、3月に初遠征した荒川マラソンは完走はしたけど何度も途中立ち止まり屈伸をして、4時間40分でヘロヘロでゴールし、その後1ヶ月間は全く走れませんでした。5月に入ってから、そこそこの走りが出来るようになって、久々の30キロ走も出来て、千歳に臨むことができました。


会場に着いたら、思いのほか寒かったのですが、暑さに弱いから、これはこれで良かったのかもしれません。しかし、この寒さならトイレは2回は確実だなと思ったのはいうまでもありません。対策としてゼッケンはお腹が冷えないように下の方ギリギリにつけたことは内緒だ(苦笑)。スタート20分前にトイレに並んでいると、二代目さんから声をかけられ握手。手洗いがなかったから、する前で良かったなり。


スタート~折り返し


スタートはそれなりに前の方からスタート。スタートロスは10秒くらいでした。スタート直後は体が重く、抜かれ放しでした。yagiさんを見かけて、ついていこうと思ったのですが、あっさり先に行かれたのは言うまでもありません。フルを走るからアップはストレッチくらいしかやってないのですが、これだけ重いと先行き不安になるスタートでした。思い当たる節は、一つだけ。単なる食べすぎですね。前夜から食べる食べる。出すもんもそれなりに出ていたはずなんですけどね。 最初の1キロは5分20秒くらいでした。スタートロスをの10秒を引くと想定タイムどおりなんですけど、少し横っ腹が痛くなってきたので、ペースを落としました。そのままずるずる落ちないように、ノルディックポールで感じをつかんだ腕振りだけは、しっかりやろうと走りました。


5キロの通過が手元タイムで26分6秒でした。なんとかペースは維持できているのですが、早くもトイレに行きたくなってきました。普段は結構我慢できて、ドームに日ハムの野球観に行っても途中でトイレに行くことは少ないのに、なぜか走ると行きたくなります。寒いから覚悟はしていたといえ、5キロ過ぎは早過ぎます(泣)。そんな訳で最初の給水はパスしました(笑)。結局、我慢できず10キロ手前のトイレに駆け込みましたが、寸前のところで先にとられ、トイレ待ちで悲しく待つはめに。1分も待ってないと思うのですが、あの時間は長く感じました。


とりあえず出したから、次は補給しなきゃという訳で、10キロの給水は最初の補給でアミノバリューを飲みました。 最初にトイレストップがあったので、その後は結構開き直り楽な感じで走れるようになったから、それはそれで良かったのかもしれません。「歩かず完走」より大事なのが、「漏らさず完走」ですからね。トイレロスがあったけど、10キロの通過タイムが52分45秒でしたから、まぁまぁの感じで走れました。


10キロ過ぎてからはしばらくの間、腕振りだけ意識して淡々と走りました。10キロ過ぎから20キロ過ぎて折り返しはずっと上りなんですけど、そんなにペースも落ちることなく走れました。20キロの通過が、1時間45分19秒(52分34秒)でした。タイムを昨年と比較すると20キロ通過が、昨年は3分45秒速い1時間41分34秒だったので驚きでした。結果的には今年の方が速いわけですから、


フルマラソンは走り方一つで結果が変わるんだなぁ


と改めて思いました。


さて20キロを過ぎると、折り返しを終えた前方を行くランナーたちとすれ違いながら折り返しに向かう訳で、ちょっとだけヤル気がほとばしりペースが上がり始めるのでした。折り返しのタイムは1時間50分10秒くらいだったかなぁ。(続く)


スポンサーサイト

千歳の結果

3時間38分22秒で完走しました。
去年届かなかった30分台に届きましたが、
サブ3.5への道のりは近そうで遠いですね。

5キロごとのタイムです。

スタート~5キロ    26:06
5キロ~10キロ    52:43(26:37)トイレロスあり
10キロ~15キロ 1:18:41(25:58)
15キロ~20キロ 1:45:17(26:36)
20キロ~25キロ 2:09:02(23:45)下りで右ひざ痛
25キロ~30キロ 2:35:50(26:48)
30キロ~35キロ 3:02:05(26:15)トイレロスあり
35キロ~40キロ 3:27:48(25:43)
40キロ~ゴール  3:38:22(10:34)

2回もトイレ行きました。スタート後は寒かったから、1回は
行くと思ったのですが、2回は大きかったなぁ。

あと、折り返してからの下りで調子に乗ってスピード上げたら、
右ひざが痛くなって、かなり苦しくなりました。下りは難しい
ですね。

その後、盛り返すことが出来て、ぎりぎりですが「走り切れた」
と言ってもいいのかなぁ?

今回は、安定性第一のシューズ(ウェーブエリクサー2)を使って、
この結果を出せたので、これからはスピードタイプのシューズを使って、
フルを「走りきれる!」ように、鍛えていこうと思います。

お会いできた走友さん、残念ながらお会いできなかった走友さん、お疲れ様でした。
道中、応援していただいた走友さん、ありがとうございました。

完走記はおいおい書きますね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。