Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道マラソン感走記 2

私のゼッケンは4433。当然のことながら後ろからのスタート。想像していた通り、非常にゆっくり動き出しました。スタート地点がよくわからなかったので、スタートロスの正確な時間はわかりませんが、多分分弱だと思います。ここ最近の大会では、集合時間より早くスタート地点に行って、実力不足も関係なく前からスタートしていたから、これだけ後ろのスタートは昨年の札幌マラソン以来でした。

それにしても進みません。競技場を出るまでに何度か止り、五輪通りに出るまでも何度か止りました。もう0回目の大会なのに、なんで競技場からスタートさせるんだろうと思いましたよ。五輪通りからスタートさせれば、少しは改善できると思うのにな。大きな事故が起きてからは遅すぎます。

1キロ通過は7分15秒くらい。想定の範囲内でしたが、5キロの関門は大丈夫かと不安になりました。でも、混雑してる集団の中を走るのは思ったより辛くはありませんでした。一番端の対向車線側を走っていたからか、自分にスピードが出ていなかったからですかね。

今回、給水がサバイバル状態になると聞いていたので、アクエリアスのチアパックを持って走りました。あとウエストポーチにパワージェルやアミノ酸サプリと塩を入れました。持って走る練習したのですが、満タンだとやはり走りにくいですね。とりあえず3キロ地点から、少しずつ飲み始めたから潰せて、ペットボトル持つより楽でしたけど。素直にボトルクーラーの方が良かったかも。

5キロ通過が7分49秒。1キロ以降は5分10秒前後で走れました。車道側で走ったいたので、割合スムーズに走れたかもしれません。このペースで行けば何とかなると思ったのですが、やはり、それは甘かったんですね。やはり暑かったです。今回は直前に登山用のネッククーラー着けて走ったので、着けないよりは楽なハズなのに、少し苦しくなりました。チアパック持ってたから、最初の給水はパスするつもりでしたが、とにかく水を被りたくなってました。

5キロの初めての給水地点は凄かったですね。サバイバルと聞いていたんですが、本当にそうでした。本当にコップがありません。仕方ないから、落ちてる紙コップ拾って、テーブルの裏側にまわり、自分ですくって頭からかけました。しかし、なんか違うような気がしました。そうです、かけたのは水ではありませんでした「スポーツドリンク」でした。もう何でもいいやと思いましたが、そそかっしさは相変わらずです。

その後のスポンジコーナーでもスポンジがないので、落ちているきれいそうなスポンジ拾って、裏側にまわって自分で濡らして体を冷やしました。

今回、裏側にまわるという方法で切り抜けましたが、やはり給水地点での焦りはマイナスでした。今後はこの経験を生かさなきゃ。

そうそう8キロくらいの地点は、自宅周辺で家族やご近所さんが見てるかもしれないので、無理してシャンとして走ったけど、誰も見つけることはできませんでした。残念。でも、親は見に来てくれたそうですが、見つけられなかったとのこと。このために派手なオレンジランシャツにしたんですけど、残念でした。

10キロの通過タイムは53分0秒。5キロのラップは5分31秒でした。冷やせるようになったので、楽に走れました。

10キロ過ぎくらいのところで、小出道場生の樋口さんを見かけました。同じくらいのタイムでの完走を目指していたので、ブログを参考にしていて、「ランナー甲子園」の応援メッセージを送りました。なので、余裕があったこともあり思い切って「頑張りましょう」と一言声をかけてみました。今から思えば、樋口さんは見事完走し、私は脱落。ジミー大西じゃないけど、お前が頑張れよって感じでしたね(-_-;)

8キロ地点で親を見つけることは出来ませんでしたが、北海学園の前では姉夫婦を見つけることができ、冷えているチアパックと保冷材をゲット!非常に助かりました。姉ちゃん、義兄さん、ありがとう!完走できなくてごめんよ。

そんなこんなで、思いのほか楽に走りながら15キロ地点を通過。タイムは1時間19分4秒で5キロラップは26分4秒でした。前の5キロよりタイムが落ちたのは、落ちてる紙コップやスポンジを拾って飲んだり体を冷やすのに手間どったからです。なので、あんまり気にしてはいませんでした。この頃は本当に絶対完走できると思ってました。

次の15キロから20キロの間は、混雑が緩和され楽に走れるはずだったんですが、だんだん足取りが重くなってきて、キロ5分半くらい落ちてきました。それでも、これをキープすりゃなんとかなると思ったんですけどね。20キロの通過タイムは1時間間46分38秒で、5キロラップは27分14秒まで落ち込みました。

(続く)


筋肉痛が昨日よりひどくなりました。階段が辛いです。完走できれば、筋肉痛もヘッチャラだと思うのですが、できなかったので余計に辛さが増しております。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

スタートロス2分ですか。大きいですね。
その2分のロスをなくせば私と晴れさんはほぼ同じペースで走っていたんですね。タイムの落ち方も一緒だー^^
ジミー大西ネタ笑えました。

【2006/08/29 14:37】URL | win818 #tx00WSr2[ 編集]

お疲れ様でした!
私もいつになく両足太股の筋肉痛がスゴイです。完走したら、心地よい痛みだったのかなぁ~
来年は何としてでもリベンジですね。今から楽しみだなぁ~♪

【2006/08/29 21:55】URL | トン子 #DEn/WaYs[ 編集]

きつかったですね!

撃沈粉砕でした。晴れさんの半分の距離で終わってしまいました。ゆっくりペースが失敗、訳が分からないうちに終了!来年こそはリベンジです。この悔しさをバネに頑張りましょう!

【2006/08/29 23:42】URL | おまちゃ #-[ 編集]

晴れさんも無念のリタイアでしたか・・・でも本当にお疲れ様でした!
給水地点のサバイバルは想像しただけで恐ろしい・・・(^^;
でも仕方ありませんよね、皆さん必死ですから。自分も後ろから来るランナー達に悪いとは思いながらも、贅沢にスポンジを2個は使ってたと思います。でも使い終わったやつはまたテーブルに戻しておきましたよ(1回だけ)・・・意味ありませんが(笑)

【2006/08/30 06:26】URL | ユウトパパ #-[ 編集]

私も今年が初の北海道マラソンだったならば100%途中棄権していました。関門封鎖じゃなく棄権です。
まだ走る意志を持っていた晴れさんは立派だと思います。
これからも一緒に頑張りましょう。

【2006/08/30 19:43】URL | 二代目 #-[ 編集]

今日も筋肉痛

昨夜がピークでした。
なのに仕事で3時間くらい歩く羽目になりました。階段は下るのがきついから、上りで13階くらい上がりました。もう、いやーん。

>win818さん
やっぱり計画性が大事なのだと痛感しました。来年はこれより暑くなっても完走できるよう頑張ります。
お笑いネタも仕込んでいきますからね♪

>トン子さん
確かに完走できていれば、この痛みも勲章だったんですよね。来年は筋肉痛にならないように鍛えて、備えていきたいと思います。

>おまちゃさん
おまちゃさん、kanapapaさん、せぇさん、私と昨秋から競い合った4人は全滅に終わりました。来年は4人とも完走しましょうね。もちろん整骨院組としても。

>ユウトパパさん
完走おめでとうございます。
やはり普段から鍛錬を続けている方は、暑さは関係ないのだと実感。
私も、鍛えて来年こそは給水サバイバルに打ち勝ちなければ!
違う、完走します(~_~;)

>二代目さん
走る意志は持っていても、完走できる脚力がなかったのは悲しいけど事実です。
今後はムリせず脚力を上げるよう鍛錬していきたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

【2006/08/30 20:52】URL | 晴れ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://arukazu.blog28.fc2.com/tb.php/113-2dddbf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。