Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北海道マラソン感走記 3

20キロを過ぎ、中間地点へ。まだまだ絶対完走するんだという気持ちで走ってました。しかしながら、タイムは正直遅くなっています。25キロの通過タイムが2時間15分3秒で、5キロラップが28分25秒。この辺で、完走できないという不安がよぎりました。脚が上がって重くなりました。今回、シューズはオーダーシューズのスカイセンサーにしました。正直、フルで履くには不安があったのですが、千歳でGT2100を履き3時間40分でフルを走れたので、正直な話、欲が出ました。それにサイズもやはりオーダーシューズの方がピタッとくるので、選んだんですけど。しかし、まだ自分の脚力は、フルをスカイセンサーで走りきるだけのものはなかったようです。もちろん暑さで脚が上がったのも早くなった要因とは思いますが。とにかくシューズを選んだのは自分です。

そして、その後に問題が発生。前日のランニングセミナーで、ストレッチの講師の方は、暑さ対策として、スポンジを血管の通っている頚動脈や脇の下、足の付け根に当てて冷やすようにアドバイスしてました。聞いたときは、なるほど、それ頂き!と思ったのですが、最後の講師の方が、日本代表のコーチをしてらっしゃった方なんですが、もう頭からザブザブ浴びるような感じで水かぶりなさいとアドバイスしてました。

そして、私は暑さのあまりに、後者を選んだんですよ。そしたらランシャツ全体もスタートから時間が経つにつれ乾かず、濡れたままの状態になりました。普段はランシャツをランパンには入れないのですが、ウエストポーチしてるから入れてました。そうするとお腹が冷えて、腹痛になってしまいました。腹痛といえば聞こえがいいですが、用は「ウンコ」がしたくなりました。

暑さ、給水で水がないとM的要素が強い北海道マラソンですが、ウンコを我慢しなければならないなんて、本当にMな大会だと思ったのはいうまでもありません。普段なら折り返しくらいで、小さいほうが我慢できなくなるんですけどね。でかい方とは・・・・さすが大会の規模が上がると、我慢するものも小から大に変わるんですね。

冗談はさておき、とりあえず我慢できる感じだったので、走り続けましたが、脚はもう完全に上がりました。もう棄権して、トイレを探そうか、それとも行けるところまで走り続けるか、考えましたが、しばらく悩みながら走りました。そして、30キロの関門を2時間46分38秒で通過、5キロラップはとうとう31分35秒に落ち込み、完走はほぼ絶望になりました。

この時です、僕を追い抜いた二人のランナーに「晴れさん!」と声をかけられました。Ogamanさんとwin818さんでした。実はOgamanさんとは第一折り返しを過ぎたところで、折り合え地点に向かっているOgamanさんを発見し「Ogamanさん!」とエールを送る元気がまだありました。そこからOgamanさんは盛り返してきたのです。そして力強く走っていかれました。またしても、お前が頑張れよ!みたいな展開でした。

win818さんとは、初対面でしたが、まさかウンコしたい時、いや脚が上がって苦しい時に会うことになるとは思ってもみなかったです。「足がつった」と言ってましたが、それを感じさせないよう走っていかれました。私、この時、会釈をするのが精一杯でした。普通の状態なら、「晴れだけに晴れ過ぎましたね」など冗談の一つでも話したいところでした。

二人が走り去ってすぐに、また「晴れさん!」と呼ばれました。トン子さんでした。この時も同様何も出来ず、見送るだけでした。普通の状態なら、ウンコネタで笑いをとりたいところでした。

でも、3人に「晴れさん!」と呼ばれ、棄権はせずに、最後まで走れるだけ走ろうと改めて思いました。この1年、追い求め続けた北海道マラソンをウンコで諦めたくはありません。その後、腹痛は軽くなったのですが、脚はもうアウトでした。振り向くと後ろにはランナーはいなく、最終観察車が走ってました。ここで最後のダッシュを試みたのですが、当然長くは続きませんでした。32キロ手前で、ついに抜かれ、僕の夏は終わりました。腕時計は3時間20秒で止りました。

その後、バスに乗るため、35キロの関門に向かってトボトボ歩き出しました。そしたら、派出所にいた私服の警官(警官を定年した指導員の方かな)に、「冷たい水飲むかい?」と暖かい声を頂きました。そして、トイレを借りました。幸い、ウンコタレにはなってませんでした。

今は「晴れさん」と呼ばれてますが、髪がなくなれば「ハゲさん」になります。ここで、ウンコをたれていたら、「ハゲさん」の前に、「タレさん」になってしまう。そんな危険は回避することができました。

お礼を言って派出所を後にし、歩いていくと、バスを待つランナーの集団がいたので、そこで待っていると、同年代の方から「もしかして晴れさんですか?」と声をかけられました。驚いて返事をすると、「UGです」と挨拶をしてくれました。前年は好タイムで完走されたUGさんですが、今回は故障もあり、残念な結果になってしまったようです。しばし、話をして、やっときたバスに乗ったのですが、渋滞で中島公園に着くまで1時間以上かかってました。

バスの中で思ったことは、もう、バスに乗るのはイヤだ。来年こそは完走しよう。前半、給水サバイバルを目の当たりにした時は、完走して、もう来年は出ないようにしようと思いましたが、やはり、このままで終わる訳にはいきません。

中島公園に着いても、ゴール地点は見ませんでした。悔しい気持ちで、一杯でしたが、久しぶりにお会いした走友さんに、「今年の条件で、そこまで走れたのはムダじゃない」と言われ、少しだけ元気が出てきました。また、1年楽しみができたと思うようにします。さぁ、来年は絶対完走するぞ!


最後に
今回、本当に多くの走友さんとお会いすることが出来ました。顔なじみの方もいれば、初めてお会いする方も数多く。ブログやJOG NOTEでも多くの方々と知り合うことが出来ました。完走できずに終わった今年の北海道マラソンでしたが、素晴らしい経験をしたと思います。
皆様、これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

僕もバスに乗った時呆然状態でしたが、到着して降りたら「なんだかみっともない!」と悔しがっていましたよ。でも各関門での打切時間にはハラハラしたけど楽しめたのは僕だけでしょうか?まずゼロからやり直すことになるのでお互いに頑張りましょう。

【2006/08/31 01:47】URL | kent #-[ 編集]

すみません。声を出して笑ってしましました。
切実な問題ですよね。
私は大会が終わってから翌日まで、お腹に変な緊張が残って痛かったです。
去年、マラソンに出始めた頃はスタートからゴールまで、ずっとお尻がむずむずして、トイレに入ろうかどうしようか迷いながら走ってたのを思い出しました。
この手の話は、マラソンにつき物なのでしょうかv-96

【2006/08/31 10:38】URL | mamasan-runner(兄嫁和子) #-[ 編集]

感走記1~3拝見しました。
文章が上手です。読んでて楽しいです。

来年は完走しましょう。
私も連続での完走をめざします。

最初の給水ポイント。自分は30秒あまり速く通過したようですが、最後のテーブルだけに寄って、そこでコップをとることができました。ちょっとの秒差で大変なことになっていたんですね。その後も給水で「ない!」状態にはならなかったので、それが完走の一番の要因だったかもしれません。

スポンジの件、自分もセミナーに出たのですが、頚動脈とわきの下は効果がいまいちわかりませんでしたが、足の付け根は効果てきめんでした。足全体がすんごく冷えた感じがしましたよ。来年も暑くなったら是非お試しを。セミナーに出て良かったと感じたのは、「スポンジ話」・「動的ストレッチ」・「水かぶり」かな(笑)。

今度お会いできるとしたら、札マラでしょうか?お互いがんばりましょう。

【2006/08/31 21:56】URL | norip029 #-[ 編集]

>masa さん
笑われてなんぼのもんですから(*^_^*)
確かに頭を前にすれば良かったかも。
実はセミナーでは、小を我慢できず途中でトイレに行きました。今から思えば、そこで小だったから、大会中では大だったかもしれません(笑)

>kentさん
もう練習再開されたのですね。
私はもう少し休みます。
30キロの関門はちょっと楽しめたかもしれません(~_~;)

>mamasan-runner(兄嫁和子)さん
いえいえ、笑われてなんぼのものですもの(*^_^*)
いやはや普段は小の問題だけだったんですけど。
これで大がクセにならなきゃいいんですけど。生理現象だから仕方ないといえばないのでしょうが、やはりレースの前に見事な一本糞が出ると嬉しく思うのは私だけではないですよね(笑)

>norip029さん
いえいえ駄文にお付き合いいただきありがとうございます。
なんだかんだいってもセミナーは参考になりました。僕的に嬉しかったのは早田選手のフォームを近くで観れたことです。かなり感激しました。
残念ながら札マラは資格試験の為、走れないのですよ。北海道ロードレースには出場する予定です。10キロかハーフかは、考え中です。では、会場で!

【2006/09/01 00:16】URL | 晴れ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://arukazu.blog28.fc2.com/tb.php/114-4d4f99d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北海道マラソン

北海道マラソン北海道マラソン(ほっかいどうまらそん、The Hokkaido Marathon)は、毎年8月に北海道札幌市で行われるマラソン大会である。1987年から開催。主催は北海道陸上競技協会と北海道新聞グループ。真駒内屋外競技場(真駒内オープンスタジアム、南区 (札幌市)|南... さくらこのblog【2007/09/11 12:35】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。