Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀田長男、世界王座に

世間の亀田3兄弟と父親に対する注目というのは、肯定やアンチは別にして、もの凄いものがありますよね。もう20年以上ボクシングファンやってますけど、これだけ世間に名の知れたボクサーは、いないでしょうね。当然、実力は別にしてですけど。ただ体を見ればわかると思うのですが、亀田長男の努力はもの凄いと思います。試合を観ても、正直才能はあまり感じられません。でも、苦戦すると思った元世界王者アランブレットをボディでストップした試合は、アンチファンの自分でも、よくあの曲者をストップしたと感心してしまいました。

その後の前哨戦も無難にKO勝ちし、人気とランクを上げて、階級をフライからライト・フライに落として、ついに挑んだ世界戦。相手は亀田長男が元々戦っていたフライ級より2階級下で戦っていたランダエタ。日本への来日は2回目で、前回はミニマム級の暫定王者として、王者である新井田との統一戦で惜敗を喫してました。負けたけど、内容的には互角で、ランダエタにもう少し積極性があれば勝敗は逆転していたような試合でした。

僕の予想は、亀田長男が体力差を生かして、ボディブローでストップして、王座につくような気がしました。正直、亀田長男の実力で世界王座に就くには、この試合最初で最後のラストチャンスだと思ってました。良く練習もするし、ガードも高い(打たれもろさを自覚しているのでしょう)、でも、世界王者になれるような素質は感じられない。体力差を生かして、ランダエタに勝てなければ、今後挑戦の機会は出来ても王者になることはないと思ってました。

で、試合は初回で早くも亀田長男ダウンします。やっぱりモロイなぁ。その後も、体力差を生かして頑張るのかと思いましたが、ランタエダのテクニックにペースをつかめません。それでも練習量が豊富なんでしょうね、なんとか踏みとどまり互角に頑張ります。この辺はアンチファンでも、感心しました。そんなこんなで勝負は判定になり、2-1の判定で長男、涙の王座奪取です。

そんな亀田長男の試合振りを観てると、解説していた同じく協栄ジムの元世界王者の鬼塚勝也の試合振りを思い出してしまいました。鬼塚が王座を奪取したのも今日と同じく王座決定戦。相手はタイのテクニシャン、タノムサク・シスボーベ。王座に就くも鬼塚は、その後も苦難の戦いを続けました。亀田長男も、まだ若いけど、苦難の戦いが待ち受けていそうです。アンチファンとしては、それが楽しみだったりするところなんですけど。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

日ごろの行い?

ボクシングファンとのこと、さすがに詳しい感想ですね。
私は観るのは好きですが、選手が強いのか弱いのかは良く分かりません(汗)。
昨日の試合の判定は確かに微妙ではあったけど、採点が割れるのはしかたないのではないでしょうかね。
フアン・ランダエタも1Rにダウンを奪い、印象点で逃げ切る作戦だったのではないでしょうか?ラスト10秒だけの試合でしたよね(11,12R除く)。
亀田はラウンドあたり平均して普通にボクシングをしていて若さ(戦略的な)が出ていたように思います。
要約すれば2分半の亀田か、10秒のフアン・ランダエタか?の判定で、ラウンドあたり優劣をつけることを推奨されている採点法にあって、採点を積み重ねると「1~12Rでのトータルの印象」とは結果が異なるような気がします。
後者で判定するならば「フアン・ランダエタ」だと私も思いますが、前者で判定するのがルールですから「どっちになってもおかしくない」というのが冷静な観かたなのかなぁと思いました。
今朝の新聞等の報道では判定に対し否定的な報道や視聴者の話が出ていますが、過去の取りざたされたいわゆる「協栄マジック」の先入観による不信と亀田選手の日ごろの行いが主な要因であるように感じます。
もし、亀田選手でなければ、所属が協栄でなければもっとチャンピオンは祝福されたのではないでしょうか?
私は20歳の男の子を持つ「親(の端くれ)」ですが、亀田選手をみていると、確かに言動がやんちゃで馬鹿だけど、真摯に練習に取り組む親思いな少年に見えます。逆に画一化された子供をみるよりよほどかわいらしいと思うのですが、そういう感想は稀なのかなぁ(笑)

【2006/08/03 09:03】URL | woyadi #-[ 編集]

確かに

>woyadiさん

確かに日ごろの行いで、反感を持っているマスコミ含めた方々のバッシングがすごいですね。
ただTBSだけでなく、マスコミ各種にありとあらゆる取り上げ方をされる亀田親子は単純にスゴイと思います。
努力は本当にスゴイと思うのですが、もう少しかわいい態度をだせばいいのにと思ったりもしますが、それじゃ今みたいな人気は出なかったと思うし、むずかしいところですね。パフォーマンスに関しては、演技してる部分もあると思うけど、やはり元々単純な思考なのかなとも思います。
判定については、今の採点システム上、ありえない結果ではないと思います。タイや韓国の方がひどいですからね。
この試合を糧にして更なる成長ができるか、ますますボロをだしていくことになるのか、その辺をアンチファンとしては楽しんでみたいと思います。

【2006/08/03 14:52】URL | 晴れ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://arukazu.blog28.fc2.com/tb.php/98-520c522a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。